タイトル天王祭
神輿振り

 六月は旧暦では夏。春と秋に稲の収穫を祈念感謝する農村型の祭禮に対して、天王祭は京都の祇園祭と同様、夏に流行する疫病を振り祓う都市型の祭禮と言えます。六月二日の宵宮祭、三日の例大祭は、六十一ヶ町総代を初め氏子崇敬者の参列のもと、厳粛な祭儀が斎行されます。その際、参列者は半紙で包んだ胡瓜を奉納します。これは胡瓜を輪切りにした模様が御祭神の御紋に見え恐れ多いために、その年の初物の胡瓜を先ず御神前に奉納してから自分たちが食する、という伝統を継承したものです。
 このおごそかな祭典を境として、氏子六十一ヶ町が勇壮華麗な祭一色へと染まっていきます。


タイトル/本祭と陰祭

 本社神輿が渡御する三年に一度の御神幸祭を俗称で「本祭」といい、それ以外の年を「陰祭」といいます。「陰祭」では本社神輿はでませんが、町内神輿やこども神輿等、その盛況さには変わりありません。
 また「本祭」では、御祭神スサノオノミコトが大蛇(おろち)から救い出し御結婚された稲田姫の山車人形が飾られます。


タイトル/神輿振り

 神輿を地面すれすれまで左右交互に倒し振り合います。大変荒々しく勇壮な情景です。









[本社神輿関連サイト] 

●南千住『通新町睦』 ●天王太鼓つくも会


ページトップ