タイトル山車人形

 本社祭礼は、殊に江戸盛期の寛政より文化、文政の頃に最も盛んに執り行われ、この当時から明治初年にかけては毎年三河島氏子中では昔からの山車人形を引き出し、有名な小室節(日本を代表する民謡)と共に村内を初め三ノ輪より坂本付近まで巡行し、果ては上野広小路まで曳き回した記録が残っています。


タイトル稲田姫

稲田姫上半身   稲田姫全身像

 山車人形は「壱番 熊坂長範(くまさかちょうはん)」「弐番 素盞雄命(すさのおのみこと)」「参番 稲田姫(いなだひめ)」の三体があり、「東・北・荒川・蓮田・西・仲」の六通次が年番行事に之を定め、当時の町役場(昔の仙光院前)に勢揃いして小室節と共に引き出すのが慣例でした。
 山車(だし)は神様の降臨する目印・依代(よりしろ)で、江戸の頃は神輿をしのぐ隆盛ぶりでした。明治後期より市電の普及を始めとする急速な市街化が進んで、山車を曵き回すことが困難になり、町神輿が祭礼の主役になると次第にその姿を消して行きます。
 三河島郷土史にある「弐番 素盞雄命」は戦災で消失しましたが、「壱番 熊坂長範」は荒川中央町会、「参番 稲田姫」は荒川文化会・荒川宮地町会・荒川四丁目西仲睦会・大西町会の氏子中により、天王祭において毎年町内お神酒所に飾られています。
 神話「八岐大蛇(やまたのおろち)退治」には、「御祭神スサノオノミコトは荒れ狂う大蛇から稲田姫を救い出し、御結婚され多くの御子神を授かり幸せな御家庭を築かれた」とあります。三年に一度の御神幸祭(本祭)では、幕末の人形師・古川長延(ふるかわちょうえん)作「参番 稲田姫」が境内の神楽殿に飾られます。



ページトップ